MUKAI−KAZE 

アクセスカウンタ

zoom RSS 農園にカメが!  コウ☆カイ父

<<   作成日時 : 2009/10/10 15:37   >>

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 今年の9月から、自宅から自転車で5分ほどのところに市民農園を借りて小松菜、キャベツ、白菜、ネギ、レタスを植えている。約12、3平方メートルの小さな農園ではあるけれど、早朝と夕方、休日しか時間のとれない僕にとってはとても十分すぎる広さである。

 さて、今朝も農園の時間とばかりに、車でいそいそと。今日は小松菜を収穫するのと覆いをかけるためのいろいろな道具を持っていくためにやむなく車となった。
 まだ耕していない部分があったので、さっそく鍬をふるって掘り返しては、石ころや雑草の取り除き。するといきなり卵がころころでてくるではないか。
 おお、これは何の卵だろう、とおもって拾い上げるとそれは直径約2センチほど。ひょっとしてヘビの卵だろうか。最初につまんだのはすでに割れていて空っぽだったので、その周辺を手ですこしずつ掘り返す。するとでるわでるわ、卵の殻が。もっと掘ってみる。でた!中身が入っているらしい卵が一つ、ヒビの入った卵がひとつ。
 ヒビの入った方は何やら中でもぞもぞ。殻をちょっとだけむいてみる。灰色の固まりのようだ。と思いきや手をにょきっとのばした。
 カメだ!すごい。テレビでウミガメの産卵ちゅうのは何度もみたけれど、こうやってリアルに自然の中で卵から孵るのを見るのは何とも不思議な気分。心の用意も何にもしてませんでしたからね。

 近くにいるおじさんに「カメですよ〜」と声をかけたら、このへんは池や川が多いからな、道路わたって産みにきたんやろ、とのこと。それにしてもまわりは舗装道路ばかり。近い池でも100メートルは離れている。まあよくもここまで産みにきたものだと感心。

 しばらく様子をみていると、そのカメ、ただのカメではない。やたらと首が長いではないか。よくみると「スッポン」だった!2度目の驚き。
 残りの農作業をさっさと片付けて、孵化がまだの卵とスッポンジュニアをつれて速攻で帰宅。
 子どもたちに見せてあげる。うわーすごい、と感動の声があふれるかと思いきや、とくにたいしたリアクションもなし。

 ひとまず庭にあるメダカのいる水鉢に入れてあげた。水につけるや否や勢い良く底まで潜っていってしまった。カメが日光浴しやすいようにと水鉢のレイアウトを変更。
 なんだか明日からの水鉢が楽しみである。
 でも、スッポンが思いのほかでかくなってしまったらどうしよう。これが一抹の不安ではあるが…。





 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
面白い 面白い
かわいい

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
さっきも、4人で畑に行ってきました。
二回目のコマツナとリーフ類とウマイナをまいてきました。
ミズナはかわいい芽を出していました。

すっぽん、びっくりしました。
見てみたいかたは、ご連絡ください(笑)。
ゆっこ
2009/10/11 12:39
こんにちはー。スッポンですかー。
えっと、「かみつく動物である」「ふたたびリリースしてはいけない」というこの二つはどうか守ってくださいね。
思いがけないサプライズに湧く理由は充分理解していますが、大事になったらどうしようってドキドキしています。どきどき。
みやび@鯉麩係
2009/10/16 15:09

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
農園にカメが!  コウ☆カイ父 MUKAI−KAZE /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる